最終日

とうとうやってきました。
私が大学で働く最終日・・・

後任の方の都合で最短期間で済ました
引継ぎも無事終わり、
各課にお礼を言って回りました。

学生の成績のこと、試験のこと、免許状申請、
実習校との書類授受でお世話になった教務課

問題がある学生の把握、オリエンテーションで
お世話になった学生課

採用試験のこと、模試のことでお世話になった
就職課

予算のこと、お金の面でお世話になった総務課

教職センターも色々な課と連携をとり
学生を支えてきました。

私自身も教師を目指していることもあり、
教職課程の講師の先生方からは
色々勉強させていただきました。

先生の中には、ご自分がお持ちで
いらっしゃった本をいただいたりました。

学生も仲良くなり、最後に挨拶に来たり
連絡をくれる子もいました。
色んな方からプレゼントやお花をいただき感激です。

たった1年しか働いていないのですが
色々な方と出会え、学ばせていただきました。
この1年の出来事も糧にし、4月から頑張っていこうと思います。Vfsh0046

クリックお願いします↓

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここ数日暖かくて桜が満開です。
大学にも桜があり、学内でもミニお花見が
できそうです。

学内は、桜もありますが、
色とりどりのチューリップがとてもかわいらしいです。

私は、チューリップがとても好きで
中でも、うすいピンクのチューリップが好きです。

新入生の準備が学内で急ピッチで進んでいます。
学内の地図、新入生に配布するものの整理
大学の1年の中で、最も忙しい時期が始まります。

学生生活が遅れるのは、先生はもちろん
各課の方、用務員さん、お掃除の方
色々な方に支えられているんだなと
改めて知ったことも多くりました。

とうとう大学に平成生まれが入学してくる
春ですね☆

クリックお願いします↓

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引継ぎ・・・

先週から、大学の仕事の引継ぎに入っています。

今日は、7時間説明しまくりました・・・

私の仕事は、多くが1人でやっているからです。
大学が小さいので、部署も2人なのです。

さすがに、話しすぎて喉がガラガラ・・・

後任は、1つ1つしっかりメモをして、
マーカーで線を引き、
1つの項目が終わると1つ1つ確認する
きっちりかっちりさん。
だから、そのペースに合わせて説明してます。

でも、かなりいっぱいいっぱいな感じ・・・

一緒に仕事をする期間がない仕事なので、
4月のオリエンテーションではこうしてね。などと
口で言うだけで、引き継がれた本人は4月になって
1人で初めてやってみるというようになるのです。

大学に行くのも残り2日・・・・

クリックお願いします↓

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

卒業式

今日は、大学の卒業式でした。
仲良くできた4年生が、皆、卒業していきました。
学位授与式を行うのですが、
その学位の中に、免許状を入れて渡すので、
学生は、
「免許状が入ってました~」とすぐ報告してくれました。


そして、私も送別会をしてもらいました。
私の部署はかなり小さいところなので
周りの部署の方々に会を開いていただきました。

かわいいお花をいただきました~
やっぱりお花をもらうと嬉しいですね。
とてもかわいらしい赤いお花でした☆

来週は、数日間、引継ぎをします。
残り大学にいくのは、3日・・・・Vfsh0045

クリックお願いします↓

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週中で

今週末、大学の学位授与式があります。
その準備に教務課などは追われていますが、
私の部署は、今年度の仕事はほぼ終了し、
来年度への準備をすすめています。


4月の1週目は、学生へのオリエンテーションづくめ
なので、その配布物の整理をしています。

学生へ配布する手帳、シラバスなどなど
新学年度のものが揃ってくるので
部屋は、色々なものであふれかえっています・・・

今週末から引継ぎも始まるので、
ちょっとキレイにしなくては・・・と思う今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダメダメ・・・・

今日は、教授の出校が最後の日だったので
ミニ送別会をしてもらいました~


教職課程の専任の教授は、専門が心理学。
いつも色々なお話をしてくださいます。
先生は56歳。父に近い年齢です。

お酒が入るといつも議論好き。
○○についてどう思うか聞いてくるので
必死に答えます。

今日は、ゆっくりお話するのが最後ということもあり、
採用の時の面接官のように

「幼稚園、中学校、高等学校、大学じゃなくて
 小学校の教師になりたかったのは何故?」

「小学校教師と大学教師の最も大きな違いと
それぞれの教育に対する考え方はどうあるべきか」

などと質問され、
少しお酒が入ってはいましたが、
1つ1つ真剣に答えたのに、
「26歳なのに、そんな稚拙な表現じゃダメだ」とか
「それじゃまるで新卒と同じじゃないか」などと
言われてしまいました・・・

面接の時は、もちろんそんな問題に備えて
準備しましたし、考えもきちんと持っているのですが
今日は先生が納得するような表現でいえなかったんですよね・・

小学校の6年間は、人格形成に大切な時期だから・・

生活習慣も教えることができるから。

などというよりも、具体的に自分の言葉で話したのが
教授にとっては稚拙な表現に聞こえたのかもしれません。

でも、どんな人にも、その人が理解してくれるような表現で
自分の思いを語れるようになっていなくてはいけないですよね。

説明に使う言葉だったり、表現というのは
日々鍛えられるものであり、すぐに上達するものではないので、
しっかり訓練したいなと思いました。

それと同時に、大人社会で数年仕事をしてきた私は特に、
子どもたちに話すときの言葉づかいや、表現方法も、
意識して、子どもたちがわかるようにすることも
重要だなと思いました。

クリックお願いします↓

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嬉しい報告

今日、嬉しい報告がありました!

先日、ブログにも書いた40代の主婦の学生さんが、
非常勤講師の内定が出たそうです~

この数ヶ月、非常勤を探していたのは
知っていましたが、年齢と未経験なのは
厳しい話していたので、嬉しい報告でした。


何歳になっても、どんな状況でも
頑張ることに意味があることを
教えられた気がします。

お子さんもいらっしゃるので、
保護者の視点からも考えれる教師も
重要ですよね。


学校には色んな先生がいるからいいんだと
聞いたことがあります。
お兄さん、お姉さんみたいな先生
お父さん、お母さんみたいな先生
様々な価値観や視点で生徒たちと
接することができるからでしょうね。


Nさんは、ご自身の経験も生かされ
活躍されると思います☆












クリックお願いします↓

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入試

今日は、大学の入試B日程でした。
今日で今年度の入試はすべて終わりました。


職員になって初めて、どのように入試が行われているか
知りました。
マークシートは即日に業者に渡し、判定してもらい
記述は、その日中に先生方が採点します。

入試結果は割りと早くでるのは
多くの方が強力しているからなんですね。

構内清掃の方が、たくさんいらっしゃること
清掃の方は1限が始まるかなり前に
出勤し、1限の学生にも快く校舎を
使ってもらえるようにしてくださっていること
など、学生のときは考えもしなかったことを
知りました。


多くの方に支えられて大学生活は成り立って
いるんですよね!

クリックお願いします↓

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

就職課との会議

少し前から、教職課程を履修中の学生の
教職への就職指導に不足があるなと
思っていました。


私は、秋からそのことを就職課や、
教職課程担当の先生に話してきましたが、
今日、本格的に会議を行い
来年度は、かなりよい方向に動きそうです。


就職状況や勉強方法などを話して
いただく外部講師も入れることになりました。


本来、ネットや雑誌を見れば
そのほとんどは書いてあり、
わかることなのですが、
多くの学生は自分から調べることをしません。

そして、3年の12月くらいから焦り始める
学生が多かったので、3年の4月にしっかり
説明してもらえればいいと思っていたのです。

たった1年しかいなかった大学だけれど、
少し役に立ててよかったです。

クリックお願いします↓

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

印象的なこと

私が働いている教職センターに
よく来たり、手続きをするようになるのは、
2年生の介護実習からで、
授業で顔などを覚えるのは3、4年生になります。

私は顔を覚えるのが割りと得意で
3、4年生の約200人は覚えられた気がします。


その中で、特に印象的だった方が1人います。


彼女は、3年生で社会人入学をされた方で
お子さんが3人いらっしゃる40代の主婦の方です。
短大卒業後、数年お仕事をし、結婚され
子育てをし、ご主人のお仕事の関係で
アメリカで生活されていたことなどを
生かし、ご自宅で英語を教えていたが
もっと勉強したいと思い、大学へ編入したそうです。

編入した当時は、教職を履修して免許をとっても、
教員採用試験は年齢制限があり
試験を受けることはできないことになっていました。

しかし、彼女は、とりあえず頑張ってみるということで
教職を履修し始めたそうです。

そして4年生になった今年度、
彼女が住んでいる市の年齢制限がなくなり
40代の彼女も受験できることになりました。
年齢にひっかかって、辞めなくてよかったと
おっしゃっていました。

教育実習も、学生として、
一保護者として色々感じ、よい経験になったそうです。

7月の採用試験は、残念ながら
いい結果は出なかったのですが、
今、講師などで色々受験しています。

何より、受験できる喜びを感じているようです。


40代後半・・・それでも新たなチャレンジをする
彼女の姿を見て、若い学生も喚起されたようです。

私も学生と同様に、彼女に色々教えられた気がします。
いくつになっても、チャンレンジする心があれば
道が開けるのかもしれませんね。

クリックお願いします↓

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧