« ダメダメ・・・・ | トップページ | 母への感謝 »

「大変さ」のものさし

「大変さ」のものさしって人によって違うと思います。
当たり前の話です。


院生の友達の大変なこと・・・
それは、8時に起きること
文献がなかなか見つからないこと
教授に色々言われること

社会人の友達(男性)が言ってた大変なこと・・・
それは、月に5日しか寮に帰れないほど仕事をすること
きちんとした食生活を送っていないこと


看護師の友達が言ってた大変なこと・・・
それは、毎日生死と直面すること
自分が前にいつ食事をしたか忘れるほど追われること
夜勤や早朝勤務が混ざりよく眠れないこと


私の友達には、色々な仕事をしている友達がいて
皆の大変なことを聞くと、もちろん違う。
自分の「大変さ」のものさしってやっぱり経験から
作られるんだなって改めて考えます。

私は前職のときが、自分では一番きつくて
色々な病気になり、毎日薬を飲んでました。

けれど、上に書いた社会人の友達と看護師の友達の
話を聞くと、私なんてまだまだだ・・・といつも思ったし、
院生の友達の大変な話を聞いて、
「皆、もっと大変なんだから・・」何て心で思ったりしてました。

でも、その立場にならないと、その大変さなんて
本当には理解できないんだから、
分かり合おうという気持ちが大切だなって
思ってます。

社会人になって4年・・・
仲はいいんだけれど、仕事に対しても
恋愛に対しても色んなことに対しても
ちょっと価値観が違ってくることもあるけど、
その違いを認め合い、楽しめる関係になれるといいなと
大学時代の友達を見ていて思いました。

クリックお願いします↓

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

|

« ダメダメ・・・・ | トップページ | 母への感謝 »

コメント

大変さのものさしは人それぞれ。確かに当たり前のことかもしれませんが、タマゴさんが言うように、大変さのものさしが違うということを、よくよく考えたり、感じたりすると多くの学びがあることに気づきます。

大変さのものさし、やりがいのものさし、幸せのものさし、人それぞれのものさしを感じるとうことは、社会というか世間を知ることにつながるんでしょうね。

私たち、教員になる人は、常に自分以外のいろんな人のものさしを感じ、自分のものさしを磨いていくことが大切なんでしょうね。

投稿: 新橋サラリーマン | 2007年3月17日 (土) 11時21分

>新橋サラリーマンさん
そうですよね。自分のしっかりした考えを
持ちつつ、色んな人の価値観を理解しようと
試みる努力も必要ですよね。

投稿: タマゴ | 2007年3月22日 (木) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171329/5711845

この記事へのトラックバック一覧です: 「大変さ」のものさし:

« ダメダメ・・・・ | トップページ | 母への感謝 »