« 久々の中学生 | トップページ | ぐったり »

感動の最終講義

今日は、教職課程の授業で教えられている2人の先生の

最終講義でした。

英語は、3年生が30人、4年生が24人。

社会は、3年生12人、4年生が9人。



英語は人数が多いこともあり、大勢からの拍手の

もと退任でした。

社会は、人数が少なくアットホームな感じでした。

最後の授業の4年生は、ケーキを焼いてきていたり

サプライズなプレゼントも用意していて感動的な最後でした。

退職されるお2人の先生は、元中・高の校長をされ

教育委員会なども経験され、大学講師になられた方です。

23歳から70歳まで、ずっと教師一筋でこられた方なので、

長年の教師生活での出来事やお考えを私も毎週お聞きし

とても勉強になりました。



アルバム作りは、私が発起人でした。

私もサプライズプレゼントが大好きなので

学生にお願いして、写真を撮ったり、コメントを書いて

もらいました。


今の学生は、ちょっと冷めている子もいて、

コメント書いてと頼んでも、「何も書くことない」とか

「めんどくさい」とか平気でいいます・・・

でも、何とか言って書いてもらいました。




社会の先生が、最後に4年生に

「教師になる人はもちろん、企業に就職する人も

 教育実習での経験は忘れないでください。

 人に何かを伝えるために、努力し悩んだこと

 これは、とても貴重な体験です。」と話されているのが

印象に残りました。

アルバムもお2人の先生に渡しました。

ちょっと大変でしたが、頑張った甲斐があり、素敵な

ものになりました。先生が、とても喜んでくださったので、

私も嬉しかったです!!

Vfsh0041


4年生のほとんどが、本日最後の授業でした。

授業のあと、私がいる部屋へ何人か学生が

お礼を言いに来てくれました。

私は、一事務員なのに、わざわざ来てくれたことが

とても嬉しかったです。退職も公になったので、

学生たちとメルアドを交換しました。



1年という短い間でしたが、素敵な先生方とお会いでき、

学生とも仲良くなれ、とても充実した1年でした~

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ クリックお願いします 

|

« 久々の中学生 | トップページ | ぐったり »

コメント

別れと出会いの季節ですね。
タマゴさんはブログを読む限り、真摯でやさしい方のようなので、この1年だけでもたくさんの方と関わってきたでしょうね。

出会いというのは、不思議なものですよね、最近つくづく感じます。

投稿: 新橋サラリーマン | 2007年1月15日 (月) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171329/4911240

この記事へのトラックバック一覧です: 感動の最終講義:

« 久々の中学生 | トップページ | ぐったり »